10月4日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

10月4日は何の日?

10月4日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

10月4日は等身大フォトの日

心のおもくくままに写真を撮る

10月4日には、等身大フォトの日というのがあります。

株式会社アスカネットが制定した日で、「等身大撮影」という機会をより多くの人に知ってもらうのが目的だったようですね。

今までなかった「等身大撮影」という機会をより多くの人に知ってもらうのが目的。日付は10と4で「とう(10)し(4)んだい=等身大」と読む語呂合わせから。

一般社団法人 日本記念日協会 より

アスカネットは写真関連事業のイメージが強いかと思いますが、実は『空中ディスプレイ』という事業分野も展開しています。

筆者は、学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部で空中ディスプレイの特別講師もしています。

文章などの説明ではとても難しいので、実際に体験しないと分からない部分も多いと思いますが、少しずつ広まっているので是非、空中ディスプレイのことを調べてもらえれば幸いです。

● 空中ディスプレイの世界は実現している!SF映画の世界が現実になった時代

10月4日はLINEスタンプの日

カラフルなステッカー

10月4日は、LINEスタンプの日でもあります。

日本最大のメッセンジャーサービス「LINE」を運営するLINE株式会社が制定しました。

筆者も、LINEスタンプをデザインして販売しているので、とても素敵に感じる記念日です。

これまで「LINEスタンプ」を利用してくれたユーザーへの感謝と、これからも「LINEスタンプ」を利用していただきたいとの思いが込められている。日付は2011年10月4日に「LINEスタンプ」機能が登場したことから。

一般社団法人 日本記念日協会 より

テキストとデザインの組み合わせでとれるコミュニケーションは、事業としてもスゴく魅力的なプラットフォームと言えます。

加えて、そのようなプラットフォームを提供してくれているLINE株式会社にはいつも感謝しています。

● LINEスタンプの作り方を分かりやすく解説

10月4日のできごと

10月4日の出来事を紹介していきます。

10月4日の誕生花

10月4日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

10月4日の誕生花 ステルンベルギア

ステルンベルギアの花

クロッカスに似た黄色の花を咲かせますが、大きさはこちらの方が大きく15cm〜25cmほどの高さまで育ちます。

花姿が9月20日の誕生花で紹介したタマスダレにも似ているので、キバナタマスダレの和名がついています。

寒さには強く、秋に咲いた花が終わった後も葉っぱを残したまま冬を越します。

春を過ぎて初夏のころに葉が枯れ、夏の間は休眠して、また秋になると花を咲かせるので植えたままで長く花を楽しめます。

花言葉

花が終わり、春に葉が枯れてまた花が咲く秋まで地面の下で眠る様子から

「安息」

の花言葉がついています。

開花期

9月下旬〜10月中旬

10月4日の誕生花 デュランタ・タカラヅカ

デュランタ・タカラヅカの花

こちらも10月4日の誕生花の1つ。

デュランタという植物のうち、タカラヅカという品種です。

濃い紫色の花びらに白いふちどりのついた艶やかな花姿をした花が、連なって垂れ下がるように咲きます。

華やかながら凛としたこの花姿が、正装したタカラジェンヌの袴姿を連想させることからこの品種の名前がついたとされます。

アメリカのフロリダ州やブラジルのような熱帯の地域が原産地なので、暑さには強い反面寒さにはあまり強くありません。

霜に当てないようにすれば外でも冬越しできるようです。

デュランタは観葉植物として日本にやってきたので、葉を楽しむ品種もあります。

花言葉

とても華やかで美しい花姿が目を引くので

「目を引く容姿」

という、花姿によく似合う花言葉がついています。

開花期

6月〜10月

関連記事