9月20日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

9月20日は何の日?

9月20日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

9月20日はバスの日

生活を支える大事なバス運営

今では鉄道交通機関と合わせて、行きたいところへ運んでくれる路線バス。

1903年9月20日、明治の時代に路線バスの運行が開始されました。

最初の路線は京都市の堀川中立売〜七条〜祇園を結ぶものであったそうです。

記念日としては1987年、公益社団法人 日本バス協会が開催する、全国バス事業者大会で決められました。

当時の自動車は蒸気機関を利用したもので、屋根のない6人乗りの乗合バスでした。

運行を開始した明治時代では乗合馬車も運行されており、車両の故障が相次いで起こったほか、ライバル同士の熾烈な戦いもあったようで、本格的な運行はなかなか難航したようです。

バスの運行に進展があったのは大正のころでした。

大正時代に入ると、自動車の信頼性も高まり、全国的にバス事業の揺籃期(ようらんき)となりました。その頃は、多くが数人乗りの小さな乗用車を使っていたそうです。

公益社団法人 日本バス協会、バスのミニ知識、写真で見るバスの歴史I より

さらに時代は流れ、昭和の初期には京都でトロリーバスが登場し、1951年には大阪で日本初のワンマンバスが、翌年の1952年には横浜にも登場しました。

なお、トロリーバスとはレールのない電車のようなもので、道路の上空に張られた架線からの電気供給によって走るバスのことです。

2021年時点ではほとんどなくなってしまいましたが、富山県の立山トンネルにあるトロリーバスが日本で唯一残ったものです。

さらに1955年〜1964年には東海道新幹線の開業など交通機関の発展が相次ぎ、バスターミナルなども整備され、大都市だけでなく地方都市にもバスが必ずある、という黄金時代を迎えたようです。

2003年には運行から100年。

車はますます技術が発展し、無人で運行するバスも2020年に実証実験が進み、着実に近未来SFの世界が近づきつつあります。

交通機関としてのバスがどう発展していくのか楽しみですね。

9月20日のできごと

9月20日の出来事を紹介していきます。

9月20日の誕生花

9月20日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

9月20日の誕生花 ローズマリー

素敵な花も咲くローズマリー

肉や魚の臭み消しや風味漬け、パンやお菓子、ハーブティーやオイルに漬け込んだりとハーブとしてよく知られる植物です。

細く、すっきりとした香りの強い葉を持ち、と淡い青紫や青、白やピンクなどの小さな花を咲かせます。

名前の由来はラテン語の「海の雫」を意味する言葉で、「ros(雫、露とも)」+「marinus(海)」が変化したもの。

ヨーロッパの地中海沿岸地方原産なので、比較的塩害にも強いとされています。

ギリシャ神話では愛と美を司る女神、アフロディーテに捧げたハーブという神話もあり、恋愛のおまじないに使われるほかにも、結婚式のブーケに差し込まれたり、ヨーロッパでは花嫁のサムシングブルーとしてあしらわれることもあるとか。

花言葉

ローズマリーは冬にも青々とした葉をしげらせる常緑性をもつため、

「変わらぬ愛」

という花言葉ののほか、葬儀のときに死者へ手向ける花としても利用されたことから

「思い出・追憶」

といった故人を偲ぶ意味合いをもつものもあります。

開花期

11月〜5月

9月20日の誕生花 タマスダレ

静かに咲いているタマスダレ

こちらも9月20日の誕生花の1つ。

クロッカスやユリにも似た、清廉な印象の白い花が咲きます。

青々とした緑の葉に真っ白な花、黄色い雄しべのアクセントが効いた清潔感のあるクリアな色合いです。

南アメリカ原産で、日本には明治時代の初めごろにやってきた、といわれています。

白い花をタマ(玉)に、細く長い葉っぱが密集する様子をスダレ(簾)に見立てて名付けられました。

雨のあと、花が次々と咲く様子からレインリリーという別名も。

花言葉

真っ白な花の色にちなんだ

「汚れなき愛・清い愛」

のほか、属名であるゼフィランサスの語源、

ギリシャ神話の西風の神(Zephyros)+花(anthos)にちなんだ

「便りがある」

という花言葉もあります。

開花期

5月下旬〜10月

関連記事