9月12日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

9月12日は何の日?

9月12日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

9月12日は宇宙の日

地球は綺麗

1992年9月12日、日本人宇宙飛行士として毛利衛さんがNASAのスペースシャトルで宇宙へ飛び立った日です。

1992年は、世界中が協力して宇宙や地球環境について考えようという年、国際宇宙年(ISY)でした。「宇宙の日」はこれを記念して制定され、一般の方々からの公募により、毛利宇宙飛行士がスペースシャトルで宇宙へ飛び立った日である9月12日となりました。

ファン!ファン!JAXA、FAQ 「宇宙の日」とはどういう日ですか?より

宇宙はいまだに多くの神秘に包まれた未知の空間ですよね。

例えば、海の潮の満ち引きは月の重力が影響しているなど、地球の環境にも影響することもあり、研究は進められていますが、宇宙の広さから見れば、未だ分からないことばかりです。

地球も宇宙の一つ。

これからの研究で判ることが、常に未来、希望につながっていけば素敵だなと考えています。

9月12日のできごと

9月12日の出来事を紹介していきます。

9月12日の誕生花

9月12日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

9月12日の誕生花 クレマチス

鮮やかに咲くクレマチス

イギリスではつる性植物の女王と呼ばれるほど人気のある花です。

年に一度咲く一季咲きタイプと、次々花が咲いて長く楽しめる・剪定すると繰り返して花が咲く四季咲きタイプがあるので、ガーデニングに取り入れる時に組み合わせれば、1年中クレマチスが咲く庭も作れます。

長く品種改良が重ねられ、花は紫・青・白・ピンク・赤・黄色のほか、緑などの爽やかな色味のものもあり、一重咲きや八重咲きのほかに、ベルのような姿のベル咲きの種類など、バリエーションもかなり豊富です。

花言葉

クレマチスのつるは細く、繊細な見た目ですが種類によっては大輪の花を咲かせるからでしょうか

「心の美・美しい精神」

といった花言葉があります。

開花期

4月中旬〜10月※種類によって異なる

9月12日の誕生花 ディアスキア

野に咲くディアスキア

こちらも9月12日の誕生花の1つ。

暑さにはあまり強くないので、春や花が少なくなってくる秋の終わりから冬にかけて咲く花です。

ピンク・白・紫・オレンジ色の花が咲きます。

青みのピンクだけでなく、黄味がかったコーラルピンクの花を咲かせる種類もあり、色相の違うピンクがあるのは面白いですね。

花言葉

ディアスキアの花言葉は

「私を許して」

です。

可憐というよりはチャーミングな花姿をしているので、見ていると怒った心も少し和んでしまいそうです。

開花期

3月〜5月、10月〜12月

関連記事