9月11日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

9月11日は何の日?

9月11日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

9月11日はたんぱく質の日

たくさんの種類のお肉や野菜

たんぱく質は、身体にとって重要な栄養素の一種。

たんぱく質の種類は多く、各たんぱく質の構造・性状・働きは大きく異なっていますが、いずれも20種類のアミノ酸が約50~1,000結合した化合物です。

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト|e-ヘルスネット タンパク質 よりi

筆者は、30代の時は総合格闘技をやっていて、格闘技に向いている筋肉を付けるためにトレーニングにはかなりの時間を使っていた頃がありました。

基本、終電には間に合わない生活をしていたので、もっぱらビジネルホテルでの自重トレーニングでした。

うるさくも出来ないので、音を立てないように工夫して己の身体のみで可能なトレーニングを編み出したりしていました。

一時期は筋トレを辞めてしまって激太りしてしまい、現在は、主にダンベルトレーニングとアブローラーによる筋トレになっています。

ちょっと話しがそれてしまいましたが…

牛乳、乳製品、菓子、スポーツ栄養などの食品事業や栄養事業などを手がける株式会社明治が制定。たんぱく質摂取不足は、こどもの体力低下、女性の栄養不足、中高年の基礎代謝の低下、高齢者の動きにくい体など、健康リスクの因子となることから、多くの人にたんぱく質摂取の大切さを知ってもらうのが目的。

一般社団法人 日本記念日協会 より

人の身体は、日々食べるものや飲んでいるもの、住んでいる環境や働いている環境で作られていきます。

いつも美味しくバランス良く食べて、ずっと元気で過ごしていきたいですね!

9月11日のできごと

9月11日の出来事を紹介していきます。

9月11日はNTTドコモがiPhoneの取扱日を発表した日

2013年9月11日はNTTドコモがiPhoneの取扱日を発表した日です。

そこからはだいぶ時間が経った頃になってしまいますが、いろいろややこしかったアプリ開発のXcodeを使って、色々な簡易アプリを作っていたのが懐かしいです。

エビデンスがもうないのですが、あのころはかなり早くAR(拡張現実)がらみのアプリを開発していたと思います。

結構売れたので本当に超楽しかった。

9月11日の誕生花

9月11日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

9月11日の誕生花 サフラン

鮮やかに咲くサフラン

サフラン、と聞くとスパイスとして売られている、赤いひょろっとした短い糸状の姿を思い浮かべるかもしれません。

サフランの雌しべは、所定の加工をすれば、スパイスとして利用することが可能な状態になります。

また、その雌しべは染料としても利用されます。

サフランは、稲作農業の稲刈り後に植え込んで育てることも可能なうえに、高品質な乾燥加工をすることでもの凄く高い単価で買い取ってもらうことができます。

スパイスとして使われる雌しべは漢方や染料としても利用され、実は金よりも高いとかよく言われていますね。

※今はめっちゃ金が高いので、サフランは金と同じでは無いと思う。

サフランは、クロッカスの一種で紫色をした可憐な花です。

ほっそりとしたチューリップのような花姿に赤い雌しべが伸びる、とても特徴のある姿です。

草丈はあまり高く伸びないので、花の絨毯は毛足の短いものになります。

ただし、よく似た花姿のイヌサフランは全く別の植物であるうえ、猛毒なので要注意。

花言葉

古来、西洋では薬として扱われていたからでしょうか

「喜び溢れる笑顔」

といった花言葉のほか、少し怖いもので

「過度をつつしめ・濫用するな」

とった戒めの言葉もあります。

開花期

10月中旬〜12月の上旬

9月11日の誕生花 アロエ

アロエの花

こちらも9月11日の誕生花の1つ。

ヨーグルトや化粧水など、食べるものや化粧品として認識されていることの多い植物かもしれません。

触るとぷにぷにとした触感の葉を持つ、多肉植物の一種です。

高く伸びた茎の先に細長いベルのような形の花が、燃える炎のように咲きます。

キダチアロエの花は朱色ですが、アロエベラは黄色の花、つぼみはバナナが生っているように見え、とてもユニークです。

アロエを食べ物と認識していた子供の頃、筆者の実家の庭にキダチアロエが植っていたので葉をもいでかじったことがあります。

苦み、えぐみ、青臭さがすごくて「これを美味しく食べられるようにした人は偉大だな」と思ったのですが、美味しく食べられるのは葉っぱの中にある透明なゼリー部分で、皮は剥くものだった、と知ったのはだいぶ後のことです。

花言葉

古くから民間薬としても利用されたことから

「万能・健康」

の花言葉がついています。

他にも葉っぱのトゲが由来になったのか

「苦痛・悲嘆」

といった悲しい意味合いのものもあります。

筆者にとっては庭でかじった味の「悲嘆」さは、今でも忘れられない思い出です。

開花期

12月〜2月※種類によって異なる

関連記事