10月2日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

10月2日は何の日?

10月02日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

10月2日はグラノーラの日

シリアル食品

手の込んだリッチな朝食もいいけれど、仕事のある平日の朝は手軽に済ませてしまいたい…。

そんな願いを叶えてくれるのが、シリアルやグラノーラです。

牛乳や豆乳のほか、ヨーグルトをかけても美味しく、栄養バランスもなかなか優れているので、筆者も重宝しています。

10月2日はそんな朝食に便利なグラノーラの日です。

グラノーラの日本トップシェアブランド「フルグラ®」を国内で展開するカルビー株式会社(https://www.calbee.co.jp/)が制定。お米、パンに続く「第3の朝食」としてグラノーラが日本の食卓に根付くためにその認知度向上が目的。

一般社団法人 日本記念日協会、TOPより

10をスプーン(1)とお皿(0)に見立てて、主な材料のオーツ麦を“02”と読む、語呂合わせで10月2日がグラノーラの日になったようです。

シリアルはトウモロコシや麦などの穀物の総称、またはそれらを使用した加工品のこと。

グラノーラもシリアルの一種です。

語源はローマ神話の豊穣の女神セレス(Ceres)を意味する言葉から変化したものといわれています。

玄米を使ったものや、オーツ麦、ライ麦などの麦類にコーンパフを使ったもの、ドライフルーツやナッツを混ぜ込んだりメープルシロップやココアの香りがついたものなど、様々な商品があります。

筆者は特にいちごのはいったグラノーラが好きなので、買うときはいちごがいっぱい入っているものをよく選びます。

いちごのはいったものはフリーズドライのものが多いので、いちご単品でかじってしまうことも度々。

フリーズドライ特有のサクサク感と甘酸っぱさが、いいおやつになります。

牛乳はお腹を壊しやすい体質なので、かけるのは専ら豆乳です。

美味しくて手軽に栄養価の高い食事が取れるグラノーラ。

自分の好みのものを見つけて、1日の始まりに美味しい食事で楽しく過ごしていきたいものです。

10月2日のできごと

10月2日の出来事を紹介していきます。

10月2日の誕生花

10月02日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

10月2日の誕生花 キバナコスモス

キバナコスモスの花

メキシコ原産の黄色い花を咲かせるコスモスの仲間です。

黄色の花を咲かせるコスモスなので、黄花(キバナ)コスモスの和名で呼ばれますが、品種改良でオレンジや赤色の花をつけるものもあります。

コスモスの仲間ではありますが、黄色のコスモスとは違います

花はそっくりですが、よく見ると葉っぱのかたちが少し異なります。

一般的なコスモスは細く繊細なレースのような葉をしているのに対し、キバナコスモスはそれより幅が広く、菊の葉に近い形状をしています。

暑い国生まれなので暑さに強く、夏にも生き生きと花を咲かせます。

花言葉

一般的なコスモスより自生力も強く、繊細さより野生みがある花姿から

「野生美・野生的な美しさ」

という花言葉を持っています。

開花期

6月〜10月

10月2日の誕生花 杏(アンズ)

杏(アンズ)の花

こちらも10月2日の誕生花の1つ。

花よりも果物として知られているかもしれません。

バラ科の植物なので、桜や梅、9月29日に誕生花で紹介したりんごによく似た花が咲きます。

実はオレンジ色や黄色、品種によっては桃のようにピンクに色づくものもあります。

ジャムやシロップ漬け、ドライフルーツなどの加工品にして食べることが多いようです。

特に洋菓子ではアンズのジャムをタルトやケーキの艶出しをするナパージュに使ったりしますね。

実をとった後の種も、殻を割った中身は杏仁豆腐の材料になるので、とても実用的な植物です。

花言葉

桜が咲くより少し早く花がほころぶことから

「乙女のはにかみ」

という可愛らしい花言葉がついています。

開花期

3月〜4月

関連記事