9月22日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

9月22日は何の日?

9月22日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

9月22日は花園ラグビーの日

ラグビー場

ラグビーの聖地と呼ばれる花園ラグビー場。

大阪府東大阪市に1929年に建てられた、日本で最初のラグビー専用の競技場です。

9月22日はこの花園ラグビー場で、ラグビーのワールドカップが開催されたことを記念した花園ラグビーの日です。

大阪府の東大阪市が制定。「ラグビーのまち東大阪」のシンボルとなっている東大阪市花園ラグビー場。ラグビーワールドカップ2019™日本大会が行われた世界に誇れるスタジアムであることをあらためて市民に知ってもらい、ラグビーというスポーツに対する関心と理解をさらに深めてもらうとともに「ラグビーのまち東大阪」を対外的にもアピールするのが目的。

一般社団法人 日本記念日協会、TOPより

1929年当時、ラグビー場の建設は国内に前例がなかったようで、グラウンドの芝生はイギリスのトゥイッケナムラグビー場をお手本にして植えられたものだそうです。

2015年にラグビーワールドカップ2019の会場に決まり、2017年から2018年の9月まで大規模な改修工事を行なって、大型ディスプレイや個別席のほか、ナイター照明などが設置されてスタジアムがワールドカップ基準のものになりました。

なお、花園ラグビーの日の制定を記念したモニュメントがラグビー場の南西部付近にある花園中央公園にあります。

ツヤツヤした大きなラグビーボール型の素敵なモニュメントだそうで、一度見てみたいものです。

9月22日のできごと

9月22日の出来事を紹介していきます。

漫画がつくれるWebサービスのWorld Makerが登場

マンガのコマ割り

2021年9月22日から誰でも使えるようになるWorld Makerのオープンβ版が提供された日です。

個人的にとても注目しているサービスで、素敵な物語を作ることが出来れば、有名作家さんにマンガにしてもらえるチャンスもあります。

利用方法もYouTubeでの動画が用意されていて、約90秒の動画なのですが、スゴくわかりやすく解説されています。

スゴく驚きの素敵な機能が実装されています。

第1回 World Maker ネーム大賞」も開催されるので、夢を掴むチャンスがやってきます。

こんな素敵なサービスを提供してくれる株式会社集英社さんと、株式会社カヤックさんに感謝です。

参考記事 : 絵が描けなくても漫画がつくれるWebサービス“World Maker”が登場。9月22日に誰でも利用可能なオープンβ版が公開

9月22日の誕生花

9月22日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

9月22日の誕生花 茜(アカネ)

茜(アカネ)の花

色彩検定を受けたことのある方は、もしかしたらご存知かもしれません。

藍と並んで日本最古といわれる染料になる植物です。

つる性でハート型の葉っぱに小さな淡い黄緑色の花をつけます。

染料として使われるのは根っこの部分。

根っこが赤いので古くは赤根(アカネ)と呼ばれていたようです。

この根っこを煮出して糸や布を染めます。

日本で最初に作られた国旗の日の丸は茜で染められたものだったそうです。

花言葉

茜色、といえば夕暮れの空を表す言葉です。

「私を思って」

と、もの思いに耽るにぴったりな花言葉ですね。

開花期

8月〜10月

9月22日の誕生花 ミソハギ

ミソハギの花

こちらも9月22日の誕生花の1つ。

湿地や田んぼ、小川のそばといった湿った土を好む多年草です。

まっすぐに立った茎に小さなピンク色の花を穂のように咲かせます。

お盆のときにこの花の穂に水を含ませて禊(みそぎ)を行うので禊萩(ミソハギ)と呼ぶそうなのですが、花が萩に似ているだけで萩とは全く別の植物です。

飾るときが非常に限定されているためか、フラワーショップでは切り花や鉢植えといった形で売られているのはあまり多くないようです。

花言葉

お盆に供える花になっているためか

「愛の悲しみ」

という花言葉があります。

開花期

7月〜9月

関連記事