9月18日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

9月18日は何の日?

9月18日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

9月18日はかいわれ大根の日

とっても素敵なカイワレ大根

かいわれ大根は好きですか?

9月18日はかいわれ大根の日です。

1986年(昭和61年)に日本かいわれ協会(現:日本スプラウト協会)が、かいわれ大根のよさをアピールしようと設けた日。

一般社団法人 日本記念日協会、TOPより

日付は、9月は協会が発足した月、1と8をかいわれ大根の姿に見立てて設定されました。

大根のスプラウトであるかいわれ大根。

開いた双葉がパカっと開いた二枚貝に似ていることから「貝割れ」の名がついています。

発芽したてでありながら大根特有のピリッとした辛みがあり、サラダでも火を通しても美味しく食べられる素敵な野菜です。

弊社キャラクターのかいわれのはしも、弊社デザイナーが好物のかいわれ大根を愛でるが故に生まれたキャラクターです。

今では元気にかいわれのはしは、LINEスタンプのキャラクターに始まり、様々な場所で活躍しています。

話しは戻って、お料理の彩りにメイン食材としても活躍するかいわれ大根。

美味しくたっぷり食べたいですね。

9月18日のできごと

9月18日の出来事を紹介していきます。

世界初のカップ麺「カップヌードル」が発売された日

できたてのカップヌードル

世界初のインスタントラーメンを作った日清食品の創業者、安藤百福さん。

彼のもうひとつの大発明がカップヌードルです。

1971年9月18日、世界で初めてのカップ麺としてカップヌードルが発売されました。

きっかけはチキンラーメンを世界へ広めるために欧米へ視察へでたときのこと。

現地のスーパーの担当者たちがチキンラーメンを細かく割ってコップに入れ、お湯で戻したラーメンをフォークで食べたのです。

世界には丼や箸はない。

インスタントラーメンを世界中に広めるためには食習慣の違いがカギになる、とこの時に気づいたのでした。

開発は困難を極めつつも、新しい素材や技術だけでなく自ら新しい手法を発案して取り入れた叡智の結晶として、カップヌードルは生まれました。

カップラーメンを日本で最初に発売したのは、東京新宿にある伊勢丹百貨店だったそうです。

9月18日の誕生花

9月18日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

9月18日の誕生花 アザミ

綺麗なアザミの花

日本では野に咲く花として知られています。

葉っぱも花の根元をぐるりと囲む総苞もトゲトゲで、花もトゲトゲしたかなりワイルドな印象の花です。

スコットランドでは、8世紀〜13世紀ごろまでヴァイキングの侵攻に苦しんだ際に、素足でアザミのトゲを踏んでしまったヴァイキングの兵士が叫んだ声に気付いたスコットランド兵が侵攻を防いだ、という逸話から、国花になっています。

筆者は子供の頃、野草を使った遊び方の本で見た、アザミの花に小さな花を飾り付けて松葉で取っ手をつけたアザミの花かごが憧れだったのですが、遊び場にしていた野山にアザミが咲いておらず、いまだ憧れのままです。

花言葉

アザミがスコットランドをヴァイキングの侵攻から守った逸話から

「独立・報復」

といった花言葉のほか、

「厳格」

といったトゲだらけの花姿にぴったりなものもあります。

開花期

3月〜7月※ノアザミは4月〜10月

9月18日の誕生花 オジギソウ

不思議な花弁のオジギソウ

こちらも9月18日の誕生花の1つ。

葉っぱにちょこんと触れると、パタリと葉が閉じる、とても不思議な植物です。

葉が閉じていく様子から御辞儀草(オジギソウ)、別名では眠り草(ネムリグサ)とも呼びます。

筆者は子供の頃、連れて行ってもらった園芸店のオジギソウの苗を、絨毯の毛をなでるようにサーッと触って全部しょんぼりさせてしまい、両親に叱られたことを覚えています。

ピンク色の可愛らしい色合いの花が、毛糸で作ったポンポンのように丸く咲きます。

まるで大輪の打ち上げ花火にも似ています。

花言葉

触れると葉が閉じる姿から

「敏感・繊細」

の花言葉のほかにも、名前の通り

「謙虚」

という花言葉もあります。

開花期

7月〜10月

関連記事