9月14日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

9月14日は何の日?

9月14日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

9月14日は食いしん坊の日

たくさん並べられた料理

秋、といえば食欲の秋ですね。

暑くて食欲の落ちる夏をこえて、過ごしやすくなる秋は食欲が増してくる季節です。

天高く、馬肥ゆる秋。

9月14日は食いしん坊の日です。

「dancyu食いしん坊倶楽部」メンバー1万人突破を記念して、dancyuでは毎年9月14日を「食いしん坊の日」に制定しました。食事をもっと美味しく、もっと楽しくすることを常に心掛けるとともに、生産者や料理人などへの感謝を忘れない、真の食いしん坊のための日として、今後さまざまな企画を行う予定です。

株式会社プレジデント社 「dancyu」より

日付は「く(9)い(1)し(4)んぼう」の語呂合わせ。

涼しくなってきて、暑さで疲れた身体を回復させる秋。

美味しいものはいつも食費との睨めっこになりますが、お財布と相談しつつ、秋の旬の素材をお腹いっぱい食べたいですね。

9月14日のできごと

9月14日の出来事を紹介していきます。

9月14日のできごと

コーヒーとカフェラテ

2019年4月の放送を皮切りに大人気コンテンツになった鬼滅の刃

その劇場公開作品、「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の2021年9月25日地上波初放送に向け、さらにストーリーを振り返る【竈門炭治郎 立志編 特別編集版】の放送を記念して、ufotable Cafe / マチアソビカフェでコラボが開催されます。

カフェメニューでは原作とアニメに登場したうどんやおにぎり、印象的な場面をモチーフにしたデザートなど、アニメファンはもちろん原作ファンにも嬉しい内容です!

さらに、カフェで食事やドリンクを注文するとノベルティがついてくる、嬉しい特典もあります。

2021年秋、アニメの第2期放送前に気分の高まるイベントです。

9月14日の誕生花

9月14日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

9月14日の誕生花 リコリス 彼岸花(ヒガンバナ)

きれいに咲いているヒガンバナ

すっと伸びた茎の先に放射状に百合に似た花を咲かせます。

線香花火を天に向けたような花姿で、日本では彼岸花(ヒガンバナ)・曼珠沙華(マンジュシャゲ)の名前でおなじみです。

お彼岸の時期に咲くので怖いイメージのあった時期もあったようですが、花の美しさからアクセサリーのモチーフになったり、ポジティブなイメージも持ちつつあります。

ここで紹介しているリコリスは繊細で怪しい魅力の花ですが、同じ名前で甘草(カンゾウ)の一種、スペインカンゾウという和名で呼ばれるリコリスもあります。

こちらのリコリスはマメ科カンゾウ属なので、全く別の植物。

ヨーロッパでは古くからハーブとして親しまれています。

日本ではサルミアッキというお菓子で有名ですね。

花言葉

火花が飛び散るような艶やかな花姿からでしょうか

「情熱」

の花言葉があります。

ほかにも

「誓い」

という繊細ながら凛とした花の印象にぴったりな花言葉もあります。

開花期

7月中旬〜10月中旬

9月14日の誕生花 秋明菊(シュウメイギク)

きれいに咲いているシュウメイギク

こちらも9月14日の誕生花の1つ。

名前に「菊」とついていますが、学名を「Anemone hupehensis var. japonica」といい、実はアネモネの仲間です。

中国から入って京都の貴船地方で野生化したものが多く見られたことから別名「貴船菊(キブネギク・キセンギク)」とも呼ばれます。

ほっそりとした茎に、名前の通り菊に似た可憐な花を咲かせます。

全体的に艶やかというよりは、ひっそりとした淑やかな印象の花姿です。

花言葉

繊細お淑やかな花姿に似合う

「淡い思い」

という花言葉のほか、

「薄れゆく愛情」

などの切ない印象のものもあります。

開花期

8月中旬〜11月

関連記事