8月29日の今日は何の日?

今日は何の日?ブログのカバー画像

8月29日は何の日?

8月29日には、どんな日があるのでしょうか。

ひとつずつ紹介していきますね。

8月29日は焼肉の日

とても美味しそうな焼き肉

よくスーパーや精肉店などでセールになる「に(2)く(9)」の日は大体毎月きますが、「焼肉」の日は、今のところ1年でこの日だけですね。

8月29日は全国焼肉協会が制定した焼肉の日。語呂合わせに由来し、焼肉を食べて夏バテを防いでほしいという思いが込められている。

日本食糧新聞社|今日はなんの日? より

個人的には焼肉と言えば、牛、豚や鶏、結構何でもそのまんま焼肉調理にして、調味料を直にかけて食べるのが美味し区手大好きです。

どの種類のお肉も。以前と違って比較的リーズナブルに希少部位が食べられることもあるので、ちょっとお得にお腹が幸せになる世の中になりました。

8月29日のできごと

8月29日の出来事を紹介していきます。

8月29日の誕生花

8月29日の誕生花を紹介します。

誕生花は、国、地域や文化によって違いがあり、また著名な園芸家やフラワーリストの方が独自に設定したりなど、同じ日にちでも多くの種類の花が誕生花として紹介されているので、色々と調べてみて独自に参考程度で紹介します。

8月29日の誕生花 サルスベリ(百日紅)

素敵に色づくサルスベリ(百日紅)

「サルスベリ」といえば、なめらかでツルツルの肌をもつ木の印象が強いのではないでしょうか。

漢字で書くと「百日紅」。

その名前の通り開花時期がとても長く、枝の先にフリルのような華やかな花をたっぷりとつけます。

枝先につけたつぼみが次々咲き続け、おおよそ100日にわたって花を楽しむことができることが由来です。

百日「紅」と書きますが、赤やピンク色のほかに紫や白い花を咲かせるものも。

花言葉

夏の厳しい暑さのなか、伸び伸びと枝をのばしたくさんの花をつける様子から「雄弁」の花言葉があります。

「愛嬌」

の花言葉は、猿が手を滑らせてしまいそうなほどツルツルな幹に由来しているようです。

開花期

7月〜10月

8月29日の誕生花 ケイトウ

鮮やかに咲いているケイトウ

こちらも8月29日の誕生花の1つ。

漢字で書くと「鶏頭」と書き、ニワトリのトサカの形状に似ているところから名付けされた花です。

花の色は非常に鮮やかで、赤・オレンジ・黄色、ショッキングピンクがなど、葉の色によく映える色が揃っています。

ニワトリのトサカの形のほかに、ほうき草やろうそくの火のような形状の花をつける種類もあります。

花言葉

花の見た目から

「風変わり」

トサカのある雄鶏の悠々とした姿を連想させるので

「気取り」

の花言葉があります。

ドライフラワーにすると色が褪せてしまう花も多いですが、ケイトウは鮮やかな色のままなので「色褪せぬ恋」とも。

開花期

7月〜11月

関連記事